スタッフ紹介(あいうえお順)

戸田周公(とだ なりたか)
対話のプラクショナー(実践者)

 ◇呼ばれたい名前

なりさん

 

自己紹介動画

 

 

 ◇担当ワーク

『りすにんぐファームメンバーズ』『あなたのお話をじっくり二人でお聴きしますサービス』『学びのワーク』『オープンダイアローグのロールプレイ体験』

 

 

◇対話性に関する思い

言葉(意味、価値観)のコントロール性を意識して、話し方や会話の枠組みを工夫すること。 相手や自分への敬意、相手や自分に関心を持つこと。言葉(意味、価値観)をその場にやさしく置くイメージ、それを相手が受け取るかどうかは委ねることができるイメージ。

対話性をベースに活動の原動力やコミュニティ作りをしていきたい。 困ったら、対話の場をもつ、定期的に対話の場を持つ、そこを出発点にするイメージです。 

 

 

◇皆様へのメッセージ

対話性をベースにした生き方を提案したいと思います。 ただただ、自分の気持ちを聴いてくれる場、その気持ちを受け止めて、様々な視点や気持ちが響きあう場が日常にあると、とても気持ちが安らいだり、一つの強い視点から解放されたり、いいことが色々とあると思います。

また、自分と近いしコミュニティのメンバーと一緒に、対話性のある場を作れるととってもいいことが色々とあると思います。そのお手伝いができるといいなと思っております。

 

 

◇対話性における経験等

  オープンダイアローグ・トレーニング基礎コース第二期修了。2019年度AD(アンティシペーション・ダイアローグ)ファシリテーター認定コース修了。「対話性」にどっぷり浸かって過ごした2年間の経験はとても貴重だと思っております。一緒に対話性を体験した皆さん、スタディーグループの皆さんとのつながりも貴重です。

茨城県の小中高のスクールソーシャルワーカーの活動においても「対話性」を基本としながら活動しております。なんとかオープンダイアローグや未来語りのダイアローグ、早期ダイアローグの枠組みを活用していきたいと思っています。

2020年の4月より、オンラインでの対話の場づくりをしております。対話性を習慣的に体感することにより、他者への基本的な信頼感を感じながら、自身への安心感を高めていく場になればと思っております。

 公認心理師、精神保健福祉士、社会福祉士

 

 

自分の取り扱い説明書

 いつの間にか、自分の中にある価値観(こだわり、捉え方のくせ)によって自分を責めたり、追い詰めてしまうことがよくあります。

それから、自分の中に不安を作り出してしまう枠組みがあり、いつも何らかの不安をその枠組みに当てはめて、そのプレッシャーを感じて委縮してしまう自分がいると思います。テンションの高い時はやや活動的ですが、テンションが低い時は、高かった時に広げた活動範囲に疲れてしまう時があります。

なんだか疲れやすく、何もやる気にならなくなる時があります。対話性を意識することによって、周りとの信頼関係を大切にしながら、自身への安心感を取り戻して行きたいと思っています。

 

 

◇なんでも自由に

最近の関心は、運動と食生活の改善です。筋トレやら、炭水化物を減らした食生活を試みております。毎朝散歩を習慣化したいです。

 

 

◇有料グループワークへの思い

「対話性」を一緒に勉強し体感しているメンバーで、対話性のイベントやサービスの企画しています。そんな中で、経済活動とし社会のニーズに合致する形でも「対話性」がサービスとして提供できればと思っています。経験専門家の方が活躍できる場、専門性の鎧を脱いだ専門家が活躍できる場としても機能するといいなと思っております。



岩渕貴子(いわぶち たかこ)
対話のプラクショナー(実践者)、経験専門家

◇呼ばれたい名前

たあこ

 

◇担当ワーク

『りすにんぐファームメンバーズ(当事者研究会)』『あなたのお話をじっくり二人でお聴きしますサービス(フィンランドの対話形式&トライローグ形式)』『学びのワーク』

 

◇対話性に関する思い

2019年の9月にオープンダイアローグの最初のトリートメントミーティングを受けました。

 

ファシリテーターの方の顔を見ることもできず、うつむき加減でとにかく自分のことを伝えることに専念したのを覚えています。私の話はこの場でどう処理されるのだろうか、そのことを不安に思いながらも、話さなければ未来が開けることもないと思いながら、恐る恐る言葉を探し続けていたのを覚えています。

 

あれから二年が過ぎて思うことは、安心安全な場で話をするということは自分以外の他者へと手を伸ばす行為だということです。文字通りひとりではないという安心感と私を傷つけるために集まっているのではないという安全な場が担保された状況が、あらゆる問題に言及できる可能性を秘めているのではないかと思っています。

 

 

◇皆様へのメッセージ

対話を通じて社会との紐帯を結びなおしてみませんか。オープンダイアローグは、いままでのカウンセリングと違い、安心安全な場づくりからはじまります。ご自分のペースで話したいときに話したいことを共有して、生きやすさのヒントを探してみませんか?!

 

 

◇対話性における経験等

統合失調症当事者 経験専門家

トライローグ(ミニホワイトボードを介したトライアローグ)ファシリテーター

2019年9月からオープンダイアローグのトリートメントミーティングを受け回復中

 

 

◇自分の取り扱い説明書

自己病名は、あしたできることはきょうやらない症候群、ナマケモノタイプ、一歩踏み出すのに時間がかかりますが、動き出したら止まらずに突き進みます。

 

 

◇りすにんぐファームに参加して思うこと

精神疾患を患っても、自分らしく生きることを肯定してくれる団体と感じています。オープンダイアローグで回復した一人の経験専門家としてこれからも誰かの助けになっていけたらと思っています。

 

 

◇なんでも自由に

2年前、夫がオープンダイアローグの研修会に参加するのをきっかけにバイオリン教室に通い始めました。最初は短い曲からでしたが、徐々に上達していろいろな曲が弾けるようになり楽しんでいます。

 

 

◇有料グループワークへの思い

少人数でゆったりとした時間のなかで対話を醸成していく体験を味わっていただけたらと思っています。



岩渕 一之(いわぶち かずゆき)
対話のプラクショナー(実践者)

自己紹介動画

 

◇担当ワーク

『りすにんぐファームメンバーズ(当事者研究会)』『あなたのお話をじっくり二人でお聴きしますサービス(トライローグ)』

 

◇対話性に関する思い
妻の統合失調症発症以来、二人で当事者研究を進めてきました。当事者研究はポリフォニックな対話の場であると同時に、誰もが経験専門家として体験を語り、手を差し伸べる場でありました。オープンダイアローグが日本の風土のなかに自然な形で受け入れられ、変化しながら日常空間となるように静かに広がっていくことを願っております。

 

◇皆様へのメッセージ
北海道の社会福祉法人べてるの家では、障害という言葉のかわりによく「生きづらさ」や「苦労」という言葉がつかわれます。そして生きるという当たり前の苦労、これもべてるの家の言葉ですが、そう考えてみると、誰にも生きづらさや苦労があるということがよくわかります。ぜひそういった生きづらさやあなたの大切な苦労を分かち合わせていただきたいと思っています。

 

◇資格・経験等
オープンダイアローグトレーニング基礎コース第二期修了 認定心理士 トライローグ開発者 知的障碍者生活介護事業所長


ニコさん
対話のプラクティショナー(実践者)、経験専門家

 

☆呼ばれたい名前

ニコ

 

☆担当ワーク

『あったかワーク』

 

 

☆対話性に関する思い

私は「人が怖い」と言う感情をとても強く持っています。

そのため、他者と付き合う時にいつも極度に緊張してしまいます。

 

でも、りすにんぐファームで対話を続けて行く中で、その怖さが少しずつ解きほぐされ、

自分の外の世界にリラックスして安心できる場所ができました。

 

これは私にとって本当に感動的な体験でした。

 

この前の勉強会で

「ニコさんと言う名前の通り、いつもニコニコされていますね」

と言っていただき、とても嬉しかったです。

 

 

☆りすにんぐファームに参加して思うこと

りすにんぐファームに集う人達は、みんなそれぞれに個性的な色を持っていらして、

その色んな色がキャンバスに描かれて行くことで、毎回表現力豊かな絵画が描かれていると感じています。

 

りすにんぐファームでは、オープンダイアローグの聴くことと話すことを明確に分けると言う対話の理念に則り、

参加者全員の声が取りこぼされずに丁寧に置かれて行きます。

 

代表社員のなりさんをはじめ、みんなで優しく温かい空気を作っているりすにんぐファーム。

 

私もその優しい空気を作る一員になれたら良いな。

 

 

☆自分の取り合い説明書

私は自分の中に、小さい事を「気にしい虫」と人の顔色を「伺う虫」を飼っています。

2匹ともものすごい泣き虫ですが、可愛い私のインナーチャイルドです。

 

職場などでは緊張しているため、言葉数の少ない大人しい人と思われがちですが、

安心できる場所だとかなりのお調子者になります。

 

一番の趣味は「自分育て」です。

転んで怪我をしながらも一歩ずつ階段を登って行って、自分が変わって行く感覚が何とも言えません。

 

 

☆なんでも自由に

夫と共に我が家の愛娘たち(猫)をこよなく愛しています。

 

 

☆有料グループワークへの思い

当事者性をお持ちの人も支援者の人も、

少人数で継続して対話を続けることで、グループワークが安心してご自分の言葉を置ける場になるのではないかと思います。

 

私自身も癒しのワークに継続して参加させていただきましたが、

少人数ならではのゆっくりのんびりした空気感がとても心地良かったです。

 

このホームページをご覧になっている皆さんにも、そんな空気感を体感していただけたらと思います。

 

 



井川和行(いがわ かずゆき)
対話のプラクショナー(実践者)

◇呼ばれたい名前

まきえ(suzuki makie)

 

◇担当ワーク

『あなたのお話をじっくり二人でお聴きしますサービス』

 

 ◇対話性に関する思い

対話が起こす奇跡に希望を持っています。

 

◇皆様へのメッセージ

はじめまして。あなたと出会えることは私にとってどのような体験になりますでしょうか。共にゆらぎ、気づきを感じながらお話をうかがえればと思います。この場が安心安全であり対話が醸成されますように

 

 ◇対話性における経験等

2016年5月13〜15日 トム・アーンキル氏、ヤーコ・セイックラ氏によるオープンダイアローグワークショップに参加してダイアローグを志し、ODNJPやDPIなど講習会で学び、2018年DPI主催ADファシリテーター研修、10月フィンランド視察研修、2019年国際心理支援協会主催OD基礎トレーニングコースを受講。 2020年10月1日よりダイアローグスキルを用いた対話の場の醸成を支援するダイアロカルサロンを始める。(現在、ダイアロジカルサロン主体の活動は休止中) 奈良ピアラーニング分科会のファシリテーターとして活動中。 

2021年6月1日〜2022年4月30日。明和会琵琶湖病院のグループホーム立ち上げ、対話ミーティングのファシリテートに携わり、対話の学び、対話実践活動の再開を準備中。

 

 ◇自分の取り扱い説明書

機会があれば対話について学び、プラクティスし、オンライン、実践でダイアローグが展開できないか考えています。妻と一緒に過ごす時間を大切にしています。

 

◇りすにんぐファームに参加して思うこと

ダイアローグは決して一人で展開できるものではないと思います。戸田周公氏の始めたりすにんぐファームのオンライン活動に出会えたことに感謝しています。ここが一番肌に合っているのかなと。

 

 ◇なんでも自由に

まきえ(suzuki makie)という名前で、対話イベントで見かけるかもしれません。

 

◇有料グループワークへの思い

他のオンラインセミナーとは異なり、参加者個々の対話性、気持ちを大切にしたフィンランド式の対話の場として企画されています。 参加者個々経験、学びが参加者全体の言葉と重なり合い、その差異に触れることでご本人独自の対話性を醸成していくことが期待できる貴重な体験になると思っています。