対話のある日常で豊かな暮らし(サービスガイド)

 各サービス内容のご案内 こんな方にお薦めです フィンランド式の対話とは ご利用までの流れ 対話のプラクティショナーのご紹介 よくあるご質問 参加者の声

 

  シルバーランディングページTOP(シニアパソコン).png

 

 

『フィンランドの対話で、より豊かで楽しい他者との日常』

 

  

りすにんぐファームでは、安心して参加できて、自分の思いを話せたり、人の思いを聴くことができる対話の空間をオンライン(ZOOMにて)でご用意しております。

フィンランドの対話の枠組みを通して、他者との交流で「安心」を感じる日常はいかがですか?

 

  お問合せはお気軽にこちらから

 

 

 

どのサービスを利用すればいいか迷われている方へ(サービスのご案内)

 

『りすにんぐファーム』に興味をもってくださり、ありがとうございます。様々な『対話』に関するワークを体験できます。何から参加してよいか迷われている方のために、簡単にオススメをまとめました。

 

こんな方には このサービスがお薦めです 開催日 参加費 リンク

まずは無料で体験してみたい

 

フィンランドの対話を習慣化したい

『りすにんぐファームメンバーズ』

フィンランドの対話(リスニングワーク、リフレクティングワーク)や「当事者研究」、「コーチング」のグループワークを習慣的に体験できます。1回500円からお気軽にご参加できます。

水曜日

20:00~21:40

日曜日

15:00~16:40

20:00~21:40

1回500円

初めての方は、2回まで無料でご参加できます

無料体験はこちら

 

詳しい内容はこちら

 

 

実際のオープンダイアローグを体験してみたい

『オープンダイアローグのロールプレイ体験』

用意した役割設定の中から、専門家チームを体験したり、ネットワークメンバー(当事者とその家族など)を体験することができます。

毎週土曜日開催

偶数月開催

4回シリーズ

20:00~21:40

 

4回 10,000円

 

詳しい内容はこちら

 

オープンダイアローグに準じた形式で悩みを相談したい

 

グループで相談したい

『あなたのお話をじっくり二人でお聴きしますサービス』

2名の聴き手が、オープンダイアローグを参考にした対話の枠組みで、あたなやコミュニティ(家庭、学校、組織等)で起こった心配ごとをじっくりお聴きします。お一人や同じコミュニティのメンバーでご参加できます。

ご要望に応じて、

開催日程を調整します。

45分、90分にて

1回45分:7,000円

 

1回90分:14,000円

 

詳しい内容はこちら

 

フィンランドの対話について学びたい

『学びのワーク』

フィンランドの「対話性」を対話的に学びながら、どう日常で役立てることができるかなどを考えるグループワークを開催しております。「リフレクティング」の練習もでき、フィードバック受けることもできます。

毎週火曜日開催

偶数月開催

4回シリーズ

20:00~21:40

4回 8,800円

詳しい内容はこちら

人に話すことで癒されたい

 

もっと安心できる場で、心と体を整えたい

『あったかワーク』

フィンランドの対話の枠組み(リフレクティング)を使って、とっても気持ちが楽になったり、あったかするグループワークです。最近、自分に余裕がない、不安を感じることが多い、自分の気持ちを誰にも話す機会がない方にお薦めです!

毎週月曜日開催

偶数月開催

4回シリーズ

20:00~21:40

4回8,800円

 

詳しい内容はこちら

 

 

  

こんな方にお薦めです

 

習慣的に対話をすることで、周りや自分自身への安心感を高めたい方

・安心できる環境で、対話による交流がしたい方

・普段あまり話し相手がおらず、孤独を感じる方

・自分の人生で起こったことを、安心できる場で誰かにじっくり話してみたい方

・安心できる環境で、ただただ話し、ただただ聴いて、感じたことを相手を傷つけずにやさしく伝えたい方

・コミュニケーション(傾聴や、価値観の押し付けの無い言い方)のスキルアップがしたい方 

 

  

フィンランド式の対話とは

 

老夫婦の会話.png

 

・聴くと話すを明確に分ける(話し手が安心して話せる。聴く時間が、多様な声の受容と内的な対話を生み出す。)

 

・透明性(関係者が集まる中でしか話さない。本人がいないところで本人のことを決めない。仮に本人がいないところで話されたことがあったら情報共有する。本人がいない所でのケース会議、アセスメントはしない。)

 

・多様性の尊重(多声を場に響かせる。多声が多声のままであり続ける。)

 

・場の平等性(平等に声を出すことができる。平等に話す時間がある。)

 

・コントロール性のなさ(価値観の押し付けが起きずらい話し方。ファシリテーターに向かって話す、リフレクティング、声をその場に置く《言葉をお盆に乗せる。》)

 

・声をその場に置く(直接相手に声を発しない。自分の言葉のコントロール性を意識して言い方を気を付ける。その声を受け取るかどうかの自由が聴き手に委ねられる。当事者同士で話すのではなくファシリテーターに向かって話す。リフレクティングを使う。)

 

・解釈しない、ただただ関心を持って聴き続け、それによって起きた自分自身の感覚や思いを伝え返す。(元々持っていた持論やアドバイスを語らない。その場で影響を受けて、自分の中に湧いてきた言葉を静かに置く。)

 

・対話を継続する(答えを出すことを目的としない。継続による関係性の変化。コミュニティ全体の自尊心の高まり。)

 

などの特徴があると捉えております。

 

フィンランド風おはなし会のデモンストレーション動画(リフレクティングの様子)

 

 

【参考資料】 

ODの実践ガイドラインはこちら(オープンダイアローグの7つの原則、対話実践の12の基本要素など)

アメリカのオープンダイアローグにおける対話実践の基本要素 -よき実践のための基準-

 

 

 

ご利用までの流れ

 

①サービスのご購入

 ・各サービスページにありますリンク先のPeatixからサービスチケットをご購入下さい。 

 

②事前のアンケートにお応え

 ・Peatix申し込みの際に、アンケートにお応えください。グループワークに期待されていることや、配慮してほしいことなどをお聞きしております。

 

 

③オンライン(ZOOM)にてサービスをご利用下さい。

ご参加前にお送りしますご案内メールにZOOMのURLとパスワードをご案内致します。

Zoomを使ったご利用ガイドはこちらです。

 

 

対話のプラクティショナーのご紹介

 

対話のプラクショナー(実践者)の紹介はこちらのページをご覧ください。

 

   

よくあるご質問

 

 

Q:オンラインの経験があまりないのですが、大丈夫でしょうか?

A:ZOOMはインターネット上で、簡単にミーティングができるツールです。インターネットにつながるパソコン等があれば簡単にご利用になれます。WIFIのある環境でご利用下さい。オンラインでもあまり緊張せずご参加頂ける工夫もしております。

Zoomを使ったご利用ガイドはこちらです。   

・オンラインのグループワークに安心して参加して頂くためのガイドはこちらです。

 

 

 Q:プライバシーは守られますか?

A:お申し込みの際は、メールアドレスとご氏名の記入は必要となります。参加者同士では、ここで呼ばれたい名前で呼び合いますので、相手に本名や連絡先、所在地などが伝わることはありません。

 

 

 Q:参加するにあたって何かルールのようなものはありますか?

A:いくつかございます。主なものに、①グループワークの中でお聴きになったことは、この場に閉じて頂き、他言無用でお願いしております。②お話しするテーマとしては、聴き手の安全性を保つために、ご自身や他人に対する暴力的な発言はお控え頂くようお願いしております。③価値観の押しつけにつながるような発言は控えて頂くようご提案しております。④他の参加者のプライバシーに踏み込む関わりを控えて頂くようお願いしております。 その他、詳しい利用規約はこちらに記載しております 

 

 

 

Q:どうしてもコンディションが悪く有料のグループワークをお休みしたい場合はどうすればいいですか?

A:お休みの場合は、事前にご連絡頂けますと助かります。返金はできかねますのでご了承頂ければと思います。  

 

 

 

参加者の声

 

・枠組みがあることが、話をする側の安心感でもあったことが発見でした。深みにはまっていく心配がない…という。どこかに持って行かれる心配がなく、自分が答えを持っているということを感じました。

 


 

・リフレクティングを受ける時に、対面の時よりも噂話のように聞くことができると感じました。また、毎週でも負担にならないことがオンラインのメリットだと感じました。良い刺激です!

 


 

・聞くことの練習をすることができ、かつ今の自分の状況やモヤモヤに気づけました。

 


 

・また次回も参加したいと思いました。心の栄養補給をいただきました。

 


 

・私も対話の場をもっと日常にしたいと、改めて思いました。そのために、この思いを自ら人に伝えていこうと思います。

 


 

・改めて、対話の場の心地良さを体験させていただきました。継続した場という安定感と安心感があり、私も継続して参加させていただきたいと思いました。

 


 

 

 

 

細い森.png